1月13日(日) 川越参拝〜大正ロマンチカ
Amazing World Library
1月 スケジュール
1月26日(土)
木滑光
※四万温泉・雪景色撮影
1月27日(日)
Yun

※八ヶ岳麓雪撮
★New★ フォトストロール (個撮主体)





◎キャスト
桜ゆりか Sakura Yurika /
ブログ / Twitter / WebAlbum → 2018.11.11秋のピクニック
橘環 Tachibana Tamaki /ブログ→ 古き良きたまき / → instagram / WebAlbum → 2018.12.24 12.24 Oops! ブラックサンタ

◎参加定員&参加費用

団体撮影 通し参加定員 8名(残
席) / 参加費用 23,000円
※マイカーでご来場の方はお申し込みの際にお知らせ願います。

◎ロケーション&イメージ
年号は、平成から昭和、大正、明治へとさかのぼり、ざっと百年前に建てられたお屋敷とカフェにタイムスリップする。
モダンなお屋敷、お洒落なカフェで見かけた、袴を着た婦人、竹久夢二の美人画風の婦人――舶来家具の椅子に腰掛ける、小指を立ててティーカップをつまむ、彼女たち美しい姿を、情景を激写する。


○1部
/丹徳庭園

明治9年、「丹波屋」から商号を改めた材木商「丹徳屋」は、平成30年に「丹徳庭園」として生まれ変わり、川越の古き時代を伝える名所のひとつとなっている。
敷地内には、昭和4年に建てられた母屋、明治4年建立の離れが建ち、約200坪の日本庭園が広がる。
一般公開されてはいない、母屋の兜が飾られた土間、小部屋ながら上流階級の品位が漂う応接間を今回は特別にシチュエーションとして開放していただく。

○2部/アンティーク Studdio Cafe 1925参考ポトレイメージ1
大正末期に建てられたモダンな外観の建物に、古今東西を問わずコレクションされた骨董品が飾られた、アンティークスタジオ・カフェ・1925が入った建物は、川越市有形保存物件のひとつ。
光が差す時間もいいが、夜のしっとりとした時間はひと際ロマンチック。
アンティークな窓枠から薄暗い路地にこもれ出す灯のある風景は絵本の中の挿絵のようだ。
撮影後は、おいしいカフェ、パスタをお楽しみください。

◎撮影
囲み、順撮、ショート個撮を織り交ぜながら施撮。
補助光/レフ板、LEDパネルライトを適宜に使用。
衣装/通しで、桜ゆりかは袴、橘は大正時代の婦人風の和服のコーデ。
○演出/番傘
※広角レンズ有効
※撮影中は適宜に小休憩を挟む予定です。


◎スケジュール
集合
12:45
東武東上線・川越市駅前ローソン付近
1部・団体撮影
13:00〜16:00
180min
丹徳庭園での撮影
移動・休憩
2部・団体撮影
16:30〜17:30
60min
Cafe 1925での撮影
カフェ&パスタ
60min程度
Cafe 1925でカフェタイム
解散
適時
川越市駅or現地
※諸事情によるスケジュールの変動につきましてはご了承願います。